ゴルフは道具からファッションから

なかなか上手くならないゴルフなら 見た目上手く見えればいい!ゴルフ道具・最新ゴルフアイテムやゴルフニュース掲載しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック:(*) | スポンサー広告 |TOP


復活を賭けるウッズ、首位に1打差で週末へ


グレーム・マクドウェル(北アイルランド)がミュアフィールドでの2日目を終え、タイガー・ウッズと握手をしようと歩み寄ったとき、彼はウッズに対する賞賛の気持ちを抑えることができなかった。

「この2日間は(ゴルフの)クリニックだったよ。優れたパッティングとの組み合わせはとても印象的だった。彼は危険な存在になるよ」と、素直にウッズのプレーを称えた。

18番をバーディで終えたウッズは2日目を「71」でホールアウトした。今年の全英オープンは前半戦を終了し、ウッズは2アンダーで折り返すこととなった。日程が進むにつれ、ミュアフィールドのグリーンは表情を変え、世界最高レベルの選手たちに試練を与え続けている。そんな中、ウッズはリーダーボードの順位をじわじわと上げ、首位のミゲル・アンヘル・ヒメネス(スペイン)に1打差まで詰めてきた。

今シーズン、世界中の大会で3勝をマークしているマクドウェルは、メジャー大会で勝利する難しさを理解している。彼には2010年に「全米オープン」を制した経験や、昨年はオリンピッククラブで最終日の最終組でプレーした経験がある。

そんなマクドウェルが、4大メジャー大会で16戦も優勝から遠ざかっている記録を打ち破ろうとしているウッズに対して高い評価をした。これは大きな意味を持つと言える。

「この週末、タイガーは強かったあの頃のプレースタイルから、かけ離れたプレーはしないと思うよ」と、マクドウェルは言い切った。「アイアンに関して言えば、彼は飛距離をコントロールできているし、いつも思い通りの場所へコントロールできている。このコースをとても安全にプレーしているね。これこそ私が期待していたプレーそのものだ。なぜなら……彼ほどアイアンに優れた選手はいないからね」。

「それに彼はパッティングも格別だ。8フィート、10フィート、15フィート。この2日間で長い距離のパーパットを幾つ決めたことか」。

とにかく今週、マクドウェルはウッズが見せた「ゴルフ全体をコントロールする技術」に大きな感銘を受けた。世界ランク1位に返り咲いたウッズのキャディーを務めるジョー・ラカバ氏に、ヘッドカバーの下には本当にドライバーが入っているのかを確かめなければ、と冗談を飛ばすほどだった。「幸か不幸か、ドライバーを近くで確認することはできなかったからね……」。

「この難コースをとても慎重にプレーしている」と話した北アイルランド出身のマクドウェルは、「ウッズの正確なアイアンが、計り知れない好影響を及ぼしている」と語った。

ウッズにとって今週は、通算15度目のメジャー制覇となるのだろうか? ジャック・ニクラスの通算18回の優勝記録にまた一歩、近づくことができるか? ウッズの最後のメジャータイトルは、トーレパインズGCで行われた2008年の全米オープンだ。18番ホールで争われたプレーオフの末、ロコ・メディエイトを下して優勝した際に疲労骨折し、靭帯損傷を負ってしまったことは有名だ。

ウッズはその後、すぐに手術を受け、その年の残る2つのメジャー大会は欠場した。3度目の全米オープンを制して以降、ウッズは16度のメジャー大会でトップ10フィニッシュを8回記録しており、そのうち6度は4位以上の好成績を残している。その中には、3日目を首位で終えた大会で、初めて他の選手に優勝を譲り、Y.E.ヤンに次ぐ2位となった2009年の全米プロゴルフ選手権も含まれている。


ウッズが戦っていなかったわけではない。彼は日曜日に獲物を仕留めようと“狩り”を行ってきた。この週末も、そうだ。キャリア4度目となる全英オープン優勝を仕留めるチャンスがある。舞台のミュアフィールドは、ウッズが3度目の優勝を飾った2006年のロイヤル・リバプールとちょうど同じように、灼熱の太陽の影響でグリーンが速くなっている。

「これまで惜しいことは多々あった。自分でチャンスを与えてきたんだ」と、ウッズ。

確かに、ウッズの言う通りだ。そしてそれぞれの機会で、期待感は高まっていた。だが、ウッズ以上に期待を寄せている者はいないだろう。「タイガー・スラム」やニクラスを追いかけるという高いハードルを設定したウッズ。だがそのどれも、4大メジャーでの勝利には及ばず、毎年熱を帯びる議論は、今年の4度の米国ツアー優勝でさえ静まらせることはできないのだ。

ウッズが今すべきこと。それはこの2日間で見せたような「コツコツ」とプレーを続けることだろう。フェアウェイキープ率は75パーセントに上り、パーオン率も67パーセントを記録している。そして今の彼なら、思い通りにパットを決められる。

ミュアフィールドは、優勝者に口出しすることができる唯一の存在だ。ウッズは「大きな試練」が来るだろうと話した。マクドウェルは、誰がクラレット・ジャグに相応しいか、この由緒あるコースが、残りの2日間で言葉通りに、そして比喩的にも、何度もプレイヤーに問いかけて来るだろうと語った。

マクドウェルは、彼自身を含め、優勝を狙う資質を備えた選手が大勢いることを理解している。そして優勝カップに4度目となるウッズの名前が刻印されることとなったとしても、驚くことはないだろう。ウッズは、ただその時を目指すだけだ。

「プレーを続けて、パッティングも好調を維持する」と、ウッズ。さらに「出場する全てのメジャー大会で優勝できるわけではない。だけど間違いなく、優勝を目指すことはできるし、その可能性はゼロではない。自分に十分なチャンスを与えられれば、キャリアの中でいつか達成できる、と信じているよ」と語った。


スポンサーサイト
20:22 | トラックバック::0 | タイガーウッズ |TOP


ウッズ、肘痛でAT&Tナショナルを欠場


タイガー・ウッズは、連覇が懸かっていた来週の「AT&Tナショナル」を欠場することになった。左肘痛により、「全英オープン」まで休養する。

「全米オープン後、自宅に帰ってから診てもらった。左肘痛を煩っていると医師に告げられた」。自身のウェブサイトで、ウッズ本人が公表した。

ウッズは、今季5度目の優勝を遂げた「ザ・プレーヤーズ選手権」(この大会では2001年以来の優勝)にて左肘を故障した。具体的にいつ故障したのかは明確ではないが、最終日14番でラフから打ち、ティショットを川に落としドロップしたときに痛めたのかもしれない。

ウッズは次に出場した「ザ・メモリアルトーナメント」で、キャリアワーストとなる65位タイに終わった。3日目に記録したスコア「79」も、キャリアワーストだった。

「数週間ほど安静にし、治療することを勧められた」とウッズは述べた。「全英オープンは出場する。ミュアフィールドでプレーすることを楽しみにしているよ」。

「AT&T、スポンサーの皆様、そしてワシントンD.C.のファンの皆様にお詫びを申し上げたい。AT&Tナショナルは私にとって、そして私の財団にとっても大切な大会だ。自分自身のトーナメントに出場できないことを、もどかしく思う。大会は素晴らしいものになるはずで、私もそれをサポートすることを楽しみにしている」。

ウッズは、先週メリオンGCで開催された「全米オープン」の初日にラフから打った際、怪我を悪化させてしまった。ウッズは通算16回出場しているこの大会で、キャリアワーストとなる13オーバーの「293」に終わっていた。


21:45 | トラックバック::0 | タイガーウッズ |TOP


大会連覇絶望のタイガー・ウッズ、「ひどい一日だった」

ミュアフィールドビレッジの1番ティの脇にあるインタビューエリアでは、少なくとも8台のテレビカメラとそのクルーたちが待ち構えていた。それ以外にも15人もの記者が、メモ帳とテープレコーダーを準備して待っていた。

タイガー・ウッズは普段、ラウンドの出来不出来に関わらずインタビューに対応する選手として知られる。しかし、「ザ・メモリアルトーナメント」の3日目でスコア「79」を記録した後は、わざと大股になり、その群集の前をノーコメントで通過した。

この大会は昨年を含め通算5勝を挙げているタイガーは、その後短くだがPGAツアーのメディア関係者のインタビューに応じた。

「ひどい1日だった。最初から最後まで大変だった」とウッズは語った。

前半は特に受け入れがたいゴルフとなった。この日インスタートのタイガーは、スコア「44」という米国ツアーでの9ホール自身最多ストロークを記録してしまう。1ボギー、2ダブルボギー、そして18番ホールでのトリプルボギーは、中でも酷い出来だった。

後半、タイガーはすさまじい勢いでプライドを取り戻したかのように、1番、2番と連続バーディ。さらにはパー5の5番でもバーディをマークした。しかし、上がり4ホールで2ボギーを叩くと、キャリアワースト2となる「79」を記録して、ラウンドを終えた。
「スタートはそれほど悪いショットをばかりではなかった・・・」とタイガー。「今日はひどい1日だった。バック9でやり返そうと頑張ったけれど、まったく結果につながらなかった」と振り返る。

強風が吹き荒れた3日目、タイガーは運にも見放されていた。12番ホールでは、バンカー後方の急斜面にボールが着地すると、横風がフリンジに吹きつけた。結局、タイガーは59フィートに3パットかかり、このホールをダブルボギーとしてしまった。

2日連続のダブルボギーとなった15番ホール(パー5)では、木の後ろからセカンドショットをグリーンの右側へと落とした。木々を越えるチップショットを余儀なくされたタイガーは、グリーンオーバーし、43フィートから3パットを要した。

だが面白いことに、タイガーはフロントナインの7ホールのうち、パー4の18番ホールを含む6ホールでフェアウェイをキープしている。とはいえ、18番のセカンドショットはバックスピンでグリーンを外し、見た目が華やかなだけでライも悪く、続くチップショットも似たり寄ったりだった。ようやく無事にグリーンに乗せたタイガーだったが、4フィートに3パットもかかってしまった。

タイガーの3日目がどれほど異常なラウンドだったか。考えてもみてほしい。タイガーはここに至る前までは、この同じ場所で51ラウンドを回り、平均スコアは「69.63」。しかも、今日の「79」というスコアは、このジャック・ニクラスデザインのコースの歴代最多ストロークを4つも上回る記録となったのだ。

「こうしたことは起こるものだ。実際のところ苦労したのは自分だけではない。コンディションも最悪だったし、致命的なミスも犯した。酷い風にも捕まったし、いくつかダメなスイングもあったし、全てが悪い方向に行ってしまった」とタイガーは語った。


22:30 | トラックバック::0 | タイガーウッズ |TOP


黄金期のスペックでタイガーが再び頂点へ

「ザ・プレーヤーズ選手権」を制して早くも今期4勝目をあげたタイガー・ウッズ。マネーランキング、FedExCupポイントランキングでも首位をひた走る。今季は、フラストレーションを爆発させるような場面も少なく、ラウンド中の明るい表情が、好調さとフィジカルコンディションの良さを物語る。

好調さはクラブセッティングにも表れている。膝の故障などもあり、近年はティショットの方向性に問題を抱え、60g台の軽量シャフトを試すなど試行錯誤を重ねてきたが、今週は勝利を積み重ねてきた“黄金期”のスペックである70g台の三菱レイヨン ディアマナ D73X(※白マナ)に戻して望んだ。コースレイアウトがタイトなTPCソーグラス(フロリダ州)で、フェアウェイキープ率67.86%とティショットの精度のよさが目立った。

長い不調のトンネルを抜け出し、本来の姿を取り戻しつつあるタイガーだが、2008年の「全米オープン」以来、メジャーでの勝利がない。

通産15度目のメジャーを制したそのとき、再び“タイガー時代”の到来が証明されるだろう。
「三菱レイヨン ディアマナ Dシリーズ」のユーザー評価をチェック
【試合結果】タイガーが接戦を制し今季4勝目! ガルシアは17番で撃沈
タイガー・ウッズのクラブセッティング(※WGCアクセンチュアマッチプレー選手権時)
勝率26%!ウッズ、300試合で78勝に到達


20:22 | トラックバック::0 | タイガーウッズ |TOP


勝率26%!ウッズ、300試合で78勝に到達

タイガー・ウッズは今週の「ザ・プレーヤーズ選手権」がPGAツアーで自身300試合目のスタートだった。100試合目、200試合目も自らの勝利で祝福してきた節目を、今回もぬかりなく繰り返した。

ツアー通算78勝は、歴代1位のサム・スニードの記録にあと4勝に迫るもの。勝率はなんと26%で、4試合に1回以上は勝っている計算だ。しかも、スニードの78勝目が46歳と12日だったのに対し、ウッズは37歳4ヶ月12日とそのペースも遙かに上回っている。

今季のPGAツアーでは7戦4勝。コース上でのオーラも、全盛期のそれに近づきつつある。ウッズを撮影していたカメラマンのつぶやきもうなずける。「あの集中力はやっぱりすごい。ちょっと前まで笑っていても、すぐにスイッチが入ったように集中できる・・・」。

この日、ウッズがポイントに挙げたのは15番のパーセーブ。その直前、14番ではティショットをフックさせて左サイドの池に打ち込みダブルボギーを叩いている。「ダブルボギー、ボギーとなったら痛い。でもあそこでパーセーブして、次の3ホールに勢いを繋げられたのは大きかった」。

その15番、ウッズはフェアウェイからの第2打をグリーン左のラフに入れてしまう。ピンは左から4ヤードに切られ、傾斜を上ってすぐに切られたカップを狙うには低く転がすアプローチは不可能。難易度の高いショットが要求された。入念な準備の後に放たれたウッズのショットは、グリーンの縁に落ちるとスルスルとピンに向かって転がっていく。僅かにカップの横をかすめた瞬間、ギャラリーからは大きなどよめきが起こる。時にギャラリーと同じように頭を抱えたり、悔しそうに天を仰ぐ選手がいるが、ウッズは違った。

球がピンをかすめるやいなや、ウッズはバンカー内ですっと1メートルほど横に移動して、カップから先の球の転がりをじっと見つめた。返しの2メートルのパットを入れることは、ウッズにとってはたやすいことだったのかも知れない。

これまで77回繰り返してきた勝つための手順。70ホール目までは首位に並んでいたセルヒオ・ガルシアが、17番で2発続けて池に入れて優勝戦線から脱落する。99%では足りないのだ。

ウッズは18番でパーセーブして、最終組のデビッド・リングマースに1打差をつけてホールアウトしても、にこりともしない。スコアカードを記入するやいなや、プレーオフに備えて、エネルギーバーを口にする。テレビでリングマースのバーディパットがカップに触れなかったことを見届けて、ようやく白い歯を見せてキャディと抱き合った。

「高い球、低い球、左から右、右から左、自分が思うとおりのショットが打てた。14番のティショットを除いてね」とこの日のプレーを振り返ったウッズ。技術、メンタル、フィジカルに加えて、充実してきた私生活。ウッズの強さに隙を見つけることは難しい。(米国フロリダ州/今岡涼太)


21:31 | トラックバック::0 | タイガーウッズ |TOP




| TOPページへ戻る| 次のページ > >

ゴルフクラブ買取

ブロとも申請フォーム

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。