ゴルフは道具からファッションから

なかなか上手くならないゴルフなら 見た目上手く見えればいい!ゴルフ道具・最新ゴルフアイテムやゴルフニュース掲載しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック:(*) | スポンサー広告 |TOP


松山英樹が2位タイ発進、石川遼は最下位タイ


◇国内男子メジャー◇日本ゴルフツアー選手権 Shishido Hills 初日◇宍戸ヒルズカントリークラブ 西コース◇7402ヤード(パー72)

日本ツアー1勝のチョ・ミンギュ(韓国)が初日「65」をマークし、7アンダーの単独首位でスタートした。そして2打差の5アンダー2位タイに、ハン・リー(米国)、浅地洋佑、S.K.ホ(韓国)と並び、現在賞金ランキングトップを快走する松山英樹がつけた。

4アンダーの6位タイに丸山大輔、小田孔明、プラヤド・マークセン(タイ)、マイケル・ヘンドリー(ニュージーランド)、スコット・ストレンジ(オーストラリア)。藤田寛之、尾崎直道、宮里優作らが3アンダーで続いている。

そして国内ツアー今季初出場の石川遼は松山との同組対決に注目が集まる中、1バーディ、5ボギー、2ダブルボギーの「80」と大荒れ。出場選手中最下位となる124位タイでスタートした。



<全米オープン帰りの松山英樹 同組の石川遼、藤本佳則を圧倒>

メジャーの最終日に「67」を叩き出した「全米オープン」を戦い、帰国したのは2日前の18日(火)。体調を考慮して大会開幕直前は打撃練習場での打ち込みに終始し、事前の練習ラウンドは2週間前のオープンウィークにわずかに行っただけだった。しかし松山は序盤からエンジン全開。「今日の体調は大丈夫でした」とスタートダッシュに成功した。

出だしの1番から7メートルを沈めてバーディを奪うと、続く2番(パー5)では3番アイアンで2オン、ピンそば1メートルにつけるスーパーショットを見せてイーグル。最高の滑り出しを見せると、その後も快調にスコアを伸ばした。ボギーはラウンド中の霧雨で、より重くなったグリーンで叩いた13番の3パットによるものだけ。「落ち着いてプレーができた。こんなに良いスコアで回れるとは思わなかった」と満足感を漂わせた。

最新世界ランクは49位。今大会を制すれば、さらなる浮上はもちろん、自動的に8月の世界選手権シリーズ「WGCブリヂストンインビテーショナル」の出場権もゲット。爆発した才能を誇示し続ける21歳に死角はないのか


スポンサーサイト
21:36 | トラックバック::0 | 松山英樹 |TOP


帰国の松山英樹、海外参戦へ強い意欲

先週行われた米メジャー「全米オープン」で初出場ながら10位タイに入った松山英樹。大きな偉業を成し遂げて帰国し、今週は国内メジャーの「日本ゴルフツアー選手権Shishido Hills」に出場する。

飛行機が到着し、携帯をいじりながら出てきた松山は、出迎えた東北福祉大の阿部監督に「メンバーは決まりましたか?」と第一声。「初日は石川遼と藤本佳則・・・」と答えた阿部監督に「違いますよ」と松山。気にしていたのは、今週北海道で開催される全国大学ゴルフ対抗戦の東北福祉大チームのメンバーだったという。

いまだに東北福祉大に所属している松山だが、その前途は歩を進めるごとに広がっている。世界ランクは49位へと浮上し、米ツアーでの獲得賞金は16万8530ドル。昨年、石川遼は87万1051ドルを稼ぎ、シード権を手に入れた(シード獲得条件ラインとなる2012年の同ランク125位、ケビン・チャッペルは64万7,510ドル)。海外に行きたい気持ちはさらに強くなったのかとの問いに、「はい、強くなりました」と松山は断言した。

「全米オープン」最終日に記録した「67」は4日間を通じての大会ベストスコアタイ。「同じ日に同じコースを回ってのスコアなので、すごく自信になりました」と松山は言う。「スコアを出せるゴルフが一番強いと思うので、出せたってことは内容もしっかりしていないといけない。すごく手応えを感じた最終日だった」と、夢でも目標でも感触でもなく、やり遂げた実績が、松山の心の奥に横たわっている。

目の前には、国内ツアー賞金王、世界ランキング50位以内、米ツアーのシード権といくつものにんじんが見え隠れするが、松山はいつものように“やるべきこと”に集中する。「今は全英で予選通過することだけ。賞金王とかシードとかは、1試合1試合の積み重ねでそうなってくる。まずは明後日からの試合と、日本での3試合が終わって全英で戦えるものをつくっていきたい」と、心を定めた。

松山をサポートする阿部監督は、「全英オープン」後の「RBCカナディアンオープン」の推薦出場も模索していると明かす。「チャンスがあれば掴みにいく」と、その後の「WGCブリヂストンインビテーショナル」、「全米プロゴルフ選手権」までの4連戦プランが浮上している。その成績次第では、翌年のPGAツアー参戦というシナリオまで現実味を帯びてくる。

全英に向け、日本でも有数のリンクスコース、青森・夏泊ゴルフリンクスでの合宿も計画しているという松山陣営。21歳の若者が、今まさに世界へ向けて羽ばたこうとしている。(千葉県成田市/今岡涼太)


20:15 | トラックバック::0 | 松山英樹 |TOP


石川遼 松山英樹とプロ初対決に「自分のゴルフに徹したい」

国内男子ツアーの今季メジャー第2戦「日本ゴルフツアー選手権 Shishido Hills」は20日(木)、茨城県の宍戸ヒルズカントリークラブで開幕を迎える。国内ツアー今季初参戦となる石川遼、そして先週の「全米オープン」で10位タイの好成績を収めた松山英樹の出場。胸躍るティオフまで、あと2日後に迫った。

18日の正午には予選ラウンド2日間の組合せが決まり、石川、松山、前年優勝の藤本佳則という3人の同組対決が発表に。石川と松山の過去の同組ラウンドは、過去に5回あるが、いずれも松山がアマチュアとしてツアー参戦していた時。松山がプロ転向をしてからの同組対決は初めてとなる。

これまでも、何かと比較されてきた同年代の2人。この日、9ホールの練習ラウンドを終えた石川は「英樹の飛距離は羨ましいし、20ヤードは置いていかれると思う」と口にした上で、「とは言っても、明日、明後日で自分の飛距離が変わるわけじゃない。これまで培ってきたゴルフで勝負をすることが大事」と、見つめるのは自分の足元。「相手のことは気にせず、今の自分のゴルフに徹したい」と前を見据えた。

今大会は過去4回出場して予選通過は2回のみ。宍戸との相性は決して良くはないが、世界最高峰の舞台で揉まれ、多くの経験を経て、2年ぶりに再び足を踏み入れる今大会。久々に再会する日本のファンの前で、成長の跡を見せる。


19:43 | トラックバック::0 | 松山英樹 |TOP


松山英樹 大会ベストスコアに並ぶ「67」で10位「自信になる」

ペンシルベニア州メリオンGCで開催された海外メジャーの今季第2戦「全米オープン」最終日。松山英樹は6バーディ、3ボギーで回り、今大会のベストスコアに並ぶ「67」(パー70)をマークした。通算7オーバーで終え10位タイに食い込み、来年度大会の出場権を獲得。全米オープン初出場の日本人選手としては、1987年大会で17位となった尾崎将司を抜いて、最高成績となった。

10オーバーの39位タイで迎えた日曜日は、望んでいた優勝争いからは遠い位置。しかし、松山の闘争心は冷めなかった。「昨日終わった後の練習の時から、すごく良かった。いい感じで振れていたので、今日は行けるんじゃないかと感じていた」。出だしの1番をボギーとするが、すぐに次の2番(パー5)でバーディを奪い返す。7番までに3バーディ、2ボギー。難関コースを果敢に攻め込み、自ら出入りの激しい展開を作った。

すると後半、303ヤードと短い10番で、第2打をピンそば1メートル以内につけてバーディ11番は「自分でもびっくりした」と12メートルを沈める。さらに12番では右から4メートル。中盤の3連続バーディで順位をぐんぐんと上げた。

17番(パー3)で3メートルのチャンスを逃し、悔しがった。しかし初日のフィル・ミケルソン、2日目のビリー・ホーシェル、3日目のリッキー・ファウラー、この日のジェイソン・ダフナーに並ぶ1ラウンド「67」は今大会のベストスコア。

「18番のボードを見て『そういえば66って出てないよな』と思って。最後はバーディを狙いにいったけれど、全然(ラインが)違いましたね」と苦笑いしたが、「世界のトッププロが3アンダーしか出ない。その中で自分が今日、3アンダーで回れたのはすごく自信になる。難しいけど、こういうプレーを続けたら…続けたられら、勝てるんじゃないかと思う」。

アマチュア時代の昨年4月、「マスターズ」では最終日に「80」の大叩き。悔し涙で目を晴らした。今大会はそれ以来、プロ転向後初のメジャーだった。「予選を通過して、最終日にこういう良いプレーができたのは収穫。マスターズの時に崩れたので、ちょっとは克服できたと思います」。

次週は休む間もなく「日本ゴルフツアー選手権」に出場。そして来月には再びメジャーの「全英オープン」に初挑戦する。

最終日、同組でプレーしたスコット・ラングレーは「全米オープンで67を出したんだ。もちろんPGAツアーでプレーできる」と称賛した。だが松山は、将来の夢である米ツアー優勝、メジャー制覇への手応えついて「全然近づいてないです。まだスタートラインくらい」と言った。だがそうであれば、そこに立てたことが、何物にも代えがたい収穫だ。(ペンシルベニア州アードモア/桂川洋一)


21:30 | トラックバック::0 | 松山英樹 |TOP


松山英樹の一問一答 全米オープン最終日



ペンシルベニア州のメリオンGCで開催された海外メジャー第2戦「全米オープン」最終日。松山英樹が今大会の1ラウンドベストスコアに並ぶ「67」をマークした。通算7アンダーは10位タイ。初出場にして最高難度のセッティングを攻略し、充実感たっぷりに手ごたえを口にした。

―アンダーパーでフィニッシュ
「良かったです。昨日終わったあとの練習からすごく良かった。良い感じで振れていたので、今日は行けるんじゃないかと感じていました」

―昨日までとのマネジメントの変化は?
「あまり変えていないんですが、昨日と比べてショットが良い感じだった。思い通りに球を打てたのが、ピンに絡むショットになった」

―ピン位置はシビアだったが?
「下っているところ、一番低いところに切ってあった。ピンを狙っていかないと、(チャンスに)つかないようなホールも多かった。このコースで、3ボギーで回れたのは嬉しいし、ましてや6バーディ。少しは通用したかな。今日は自分のプレーは結構出来ましたね。60、70、80パーセントくらい(笑)」

―4日間好プレーを続けるためには?
「体力的にもそうですけど、4日間プレーをする中で、パッティングの安定したストロークをしないと、こういうスコアを出すのは難しい。日本に帰っても、しっかり練習したい」

―11番ではロングパットを決めた
「入ると思っていなかったんで、自分でもびっくりしました。1番ホールでパーパット打って、意外とオーバーしたので、(グリーンが)速いのかな?と思って切り替えたら、意外とタッチが合ったので、そのへんを昨日くらいから切り替えていればなあと思った(笑)」

―今後、さらなる飛躍のために必要なのは?
「今のままのショートゲームじゃ太刀打ちできない。当然ショートゲームをやらなくちゃいけないけれど、飛距離を伸ばすことによってセカンドでアドバンテージが取れる。(セカンドショットの)精度も上がって、ショートゲームをしなくていい(笑)。そしてラフからのアプローチ。こういう難しい芝を経験して、もっと技を増やしていかないと、優勝争いには絡めないと思う」

―名前を多く呼ばれながら、応援された
「良いプレーをすると、知らない人間でも応援してくれるのは嬉しいです。後ろの組のタイガーがすごい声援を浴びていた。こういう舞台で優勝争いしたら、もっと声援を浴びられるのかな。もっとうまくなりたいな、と思いました」


20:57 | トラックバック::0 | 松山英樹 |TOP




| TOPページへ戻る| 次のページ > >

ゴルフクラブ買取

ブロとも申請フォーム

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。