ゴルフは道具からファッションから

なかなか上手くならないゴルフなら 見た目上手く見えればいい!ゴルフ道具・最新ゴルフアイテムやゴルフニュース掲載しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック:(*) | スポンサー広告 |TOP


藤田寛之、65点のゴルフで4位タイに急浮上!

「全米オープン」で予選落ちに終わり帰国した藤田寛之は、今週の国内メジャー「日本ゴルフツアー選手権Shishido Hills」に出場。初日は3アンダーをマークし11位タイにつけたが、自身のスイングに納得がいかず表情は険しかった。

2日目は1番でティショットを右サイドの林に入れて2打目は横に出すだけ。ボギースタートとなったが、2番パー5で2オンに成功してバーディを奪い返す。その後も6番パー5で3打目のアプローチをピンに寄せてバーディを奪った。

この日最大のピンチは8番のティショット。「完全にOB球でした。そしたら木に当たったみたいで、ラフに出ていてラッキーでしたね」と話す藤田。フェアウェイ右サイドの木に当たったボールは左に跳ねて、カート道でさらにバウンドし、クラブが振れるラフまで出てきた。

「あのラッキーから良いペースになった感じです」。後半に入ると、11番で右に切れる4メートルを読み切ってバーディ。13番パー3では上り8メートルを決めると、15番パー5、16番パー3とショットが冴えて1メートル以内のバーディを連続で奪った。

「今日は何が良かったかというと、やはりパターですね。チャンスはしっかりと決めることが出来ました」とパッティングには納得の表情を浮かべる一方で、「ショットはまだまだなんですよね。16番もフェードを狙ったらドローボールになっていて。結果は良かったのですが、しっくり来ない。今のショットだと明日も伸ばせるという自信が持てないんです」。

それでも、初日よりはだいぶ回復したと話す藤田は「昨日が20点とすると、今日は65点ですかね」と、4位タイに浮上してもなお、自身のスイングには過小評価をくだす。「自分が納得できるスイングになるのには、まだしばらくかかりそう・・・」。とはいえ、これまでも同じような悩みを抱えながら勝利を重ねてきた藤田。今週も試行錯誤しながら優勝争いに加わっている。(茨城県笠間市/本橋英治)


スポンサーサイト
22:00 | トラックバック::0 | 藤田寛之 |TOP


藤田寛之専属キャディ・梅原敦の全米OPレポート2013<3>

いよいよ明日から始まります「第113回全米オープン」。今年の開催コース、メリオンゴルフクラブについてはウィッカーバスケットの事以外はまだほとんど触れてなかったので、今日はその難コース、メリオンについて書きたいと思います。

メリオンGCで全米オープンが開催されるのは実に32年ぶりだそうです。コースの全長距離が短く、年々ビッグイベント化する大会には敷地が狭過ぎるからと言う理由で、長らく全米オープンが開催されなかったんだって。そのためコースはついに改造を決断。総距離を500ヤード伸ばし、隣接地の土地取得により設備面での不安をカバーする事ができたそうです。

でもね、全長が6996ヤードと、最近のメジャートーナメントの中では明らかに距離が短く、パッティングの勝負になるのでは、と言う噂を聞いて会場入りしたんだけど・・・とんでもなかったですよ。

連日の大雨の影響で芝生の状態がウェットなのもあるけど、長いホールは恐ろしく長い!昨日18ホール回って、藤田さんは4つあるパー3のうちティショットでドライバーを1回、3番ウッドを2回使いました。その他、ミドルホールのセカンドショットで3番ウッドを使ったホールが4ホール。

単純に考えて、それらが全てボギーなら簡単にもう7オーバーですから。本番ではティグラウンドの位置も前になったり、風向きもフォローになったりと、もちろん条件は日に日に変わるので、こればっかりは一概には言えませんけどね。

ただ、短いホールが多いのも確かなんです。ティショットを刻んでも、残りの距離をショートアイアンかウェッジで打つ事が出来るホールが5ホールと、あとティショットをショートアイアンで打てるパー3が1ホールあるんです。2つあるパー5は難易度が高過ぎて確実にバーディを計算することが出来ないため、その6ホールでバーディを奪う事が出来るかが勝負のポイントでしょう。

ラフは昨年のオリンピックよりはるかに長いですね。昨年はフライヤーを利用してグリーンまで運ぶ事が出来たけど、今年はそうは行きません。確実にフェアウェイを捕え続け、出来るだけ多くのパーオンを積み重ねていきたいところです。

いつもの全米オープンと明らかに違うのはグリーンの硬さですね。大雨の影響でグリーンはボールマークがしっかりと付くほど柔らかくなっています。ラフからのショットがキャリーでグリーンに落ちた時、そのボールがグリーン上に止まる事は今までは皆無だったけど、今年はボールのライによっては止められます。

コースの難易度とそこのギャップでどういう展開になるのかはまだ読めないけど、もしね、このメリオンのグリーンとフェアウェイが、これまでの全米オープンのような硬さだったら、恐らくこのメンバーでもアンダーパーで回ってこれる選手はほとんどいなかったと思いますよ。それだけ、今年の開催コースは難しいんです。

あ、でも。フューリックなら回ってこれるかな。だってラフに行かないんだもん。

藤田さんの体調は依然として良くありません。だけど、もうやるしかないんです。僕にとってはこれが記念すべき10回目の海外メジャー。藤田さんと共にコース上で倒れてもいい覚悟で、死ぬ気で闘ってきます。


20:25 | トラックバック::0 | 藤田寛之 |TOP


松山英樹、藤田寛之ら5選手が本戦出場決定/全米OP日本地区予選


6月13日(木)に開幕する海外メジャー第2戦「全米オープン」(ペンシルベニア州メリオンGC)の日本地区予選が27日(月)、茨城県の大利根カントリークラブ・西コース(7029ヤード、パー70)で行われ、松山英樹、ハン・ジュンゴン(韓国)、上田諭尉、藤田寛之、塚田好宣の5選手が出場権を手にした。

全米ゴルフ協会(USGA)はこの日の午前、36ホールのストロークプレーで争われる同予選での本戦出場枠を「5」と発表。2ラウンドを「67-65」でまとめた松山が通算8アンダーとしてトップ通過。4打差の2位に韓国のハン、3アンダー3位に上田が続いた。

そして通算2アンダーで並んだ4位タイ、藤田と塚田は小林正則を交えた三つ巴のプレーオフに突入。その1ホール目でボギーとした小林に対し、2人はパーでまとめた。

【上位選手の成績】36ホールストロークプレー
順位/スコア/選手名
1/-8/松山英樹
2/-4/ハン・ジュンゴン
3/-3/上田諭尉
4T/-2/塚田好宣、藤田寛之
――――――以上5選手が本戦出場権を獲得――――――
4T/-2/小林正則(プレーオフ敗退)
7T/-1/川村昌弘、ハン・リー、A.ヴァンヴァンジー
10T/0/A.キュー、J.B.パク、松村道央、上平栄道、イ・キョンフン
15T/+1/宮里優作、谷原秀人


■松山英樹
「ボギー一つで終われてよかったです。途中、スコアを知らなかったので『どれくらいかな?』と思っていた。トップ通過はうれしいです。体力も昨日一日休んだので、大丈夫でした。(本戦での戦い?)出てみないと分かりません。出ないことには上位にも行けない。そういう意味では嬉しいです」

■ハン・ジュンゴン
「今日はパターの調子が良かった。3~4メートルのバーパットが全部入ってくれました。プレー中は通過はギリギリのイメージ。上がってスコアをチェックして、これは大丈夫だと思いました」

■上田諭尉
「全米オープン出場は嬉しい。一度は行きたかった。前半の8バーディが効いたと思う。後半は4オーバー。(同伴競技者が途中棄権して)1人になってしまって、リズムが崩れてしまった。よそよそしくなって、流れが悪くなってしまった。ホールアウト後、1つ足りないと思ったけれど…」

■塚田好宣
「(プレーオフ)しびれるのは慣れているから。気持ちを張っていたので大丈夫だった。今年の初めには、行けるなんて思わなかった。いつかは行きたいと思っていたけど、今年とは…。(第1Rは)2オーバーだったけれど、行けると思っていた。根拠はないけど。途中で棄権する人もいるしね。(学生時代は米国滞在)最近、Facebookで学生時代の友達と連絡を取り始めたところ。今日、さっそく連絡しようかな」

■藤田寛之
「プレーオフには回れないと思っていた。最後(最終9番)はイーグルしかないかなと思ってプレーしていた。まだ満足いくゴルフはできていないけれど、自分のゴルフをするしかない。まずはとにかく良い状態に持っていきたい。まだ逆球が出ることがあるから。(同組でプレーした松山は)余裕でしたね。早くアメリカでプレーするのを見てみたい。遼と、2人で頑張って世界レベルのゴルフを早く体験してほしい」



23:30 | トラックバック::0 | 藤田寛之 |TOP


【藤田寛之専属キャディ・梅原敦のマスターズレポート2013<4>】

昨日までは毎日肌寒い感じだったのに、今日8日は一転、暑い一日となりました。

マスターズのキャディが着る真っ白なツナギは凄く格好いいんだけど、生地が意外と厚いので天気の良い日は蒸し暑さとの闘いなんです。この辺の天気は、この時期は一体どれが正解なんだろ・・・。

今日は石川遼選手と18ホールを一緒に回りましたよ。オーガスタをよく知る選手と練習ラウンドをすると、各ホールを違う角度から見る事が出来るので視野がひろがります。遼くんはティショットで3番ウッドを多用していましたね。大きなトラブルを避け、確実にフェアウェイをキープしながら毎ホールチャンスを作っていく狙いなのかな。でも、3番ウッドっていったって、藤田さんのドライバーより飛んでましたけどね・・・。

遼くんのアイアンの飛距離が昔から気になっていたので、今日途中で聞いてみたんです。「遼くんの7番アイアンは、無風で平な状況ならキャリーはいくつ行く計算ですか?」

そうしたら遼くんは、「172、3です」って。うーん。やっぱりそんなに行くんですね。藤田さんで7番アイアンだと、だいたい162、飛んで164ぐらいだから、1クラブは確実に違います。あの体格でそれだけ飛ばせるのは、すごい技術とヘッドスピードですよ。

今日のオーガスタは暖かな南風が吹いていました。この風向きが、藤田さんにとっては全体的に攻めやすい感じかな。ただやはり11番ホールからの「アーメンコーナー」は風が分かりにくい。11番ホールであれだけのアゲンストが吹いていたのに、11番グリーンに隣接している12番ティに立ったらフォローが吹いてくるんですから。

12番は僅か150ヤードぐらいのショートホールなのに、世界ランカー達が揃って苦戦を強いられます。オーガスタのハウスキャディさんが言ってました。「12番ホールにはお化けがたくさんいるんだ」って。お化けがいるからアーメンコーナーって呼ばれるわけじゃないんですよ。神様に祈りたいほど、何事もなくそこを無難に通り抜けたいからアーメンコーナーなんですが。

やはりこのコースはフェアウェイキープとグリーン上の勝負ですね。回れば回るほど、それを実感します。ラフがダメなわけじゃないんですよ。オーガスタのラフは短いからほとんど気にはなりません。でもね、ラフからグリーンを狙う時にはかなりの確率で松林に行く手を遮られるんです。だからフェアウェイキープが重要なんです。

グリーンは・・・もう藤田さんの天才的な感覚に任せる他ありません。宿泊しているレンタルハウスの1階の床がフローリングなんですね。藤田さんは毎晩、少しの時間だけそこでパターの練習をされています。

それだけでもうわかって頂けますよね、なぜオーガスタのグリーンが「ガラスのグリーン」と呼ばれるかが。家にフローリングの部分がある方は1度そこでパッティングをしてみて下さい。その転がりがオーガスタの転がりですから。


21:15 | トラックバック::0 | 藤田寛之 |TOP


【藤田寛之専属キャディ・梅原敦のマスターズレポート2013<3>】

今日7日はオフだったので、みんなで買い物に行ったりして一日ゆっくり過ごせました。練習がお休みだったこういう日は、せっかくなのでオーガスタの中から、1ホールを取り上げて、皆さんにご紹介したいと思います。

僕が紹介したいのは、11番~13番の“アーメンコーナー”や、16番、18番みたいな超有名なホールではないんです。大草原を意味する“パンパス”と名付けられた7番のミドルホール。

このホールは真っ直ぐなんです。本当にどこまでも真っ直ぐ。でもね。僕の中では「世界一難しいストレートホール」だと思っています。

ここの難しさは、ティショットからグリーン上までの全て。まずティグラウンドに立った時に、左右からせり出した大きな松林が狭いフェアウェイをより一層狭く見せてきます。パンパスがティショットで要求してくるのは、限りなくストレートに近いドローボール。左手前にある高い松林のせいで、スライスボールでフェアウェイに置くことはまず不可能でしょう。

次にセカンドショット。第1打がうまくフェアウェイに行ったとしても、藤田さんの飛距離だとフォローの時でもだいたい7番か8番アイアンを持たなければいけません。このホールは、かつては360ヤードのパー4だったんです。まだパーシモンの時代かな。でも、9番かピッチングウェッジでセカンドショットを打たせる設定で作られたこのホールも、道具の進化によりみんながアプローチウェッジやサンドで打つようになったため、2002年の大改造で410ヤードになったんです。

現在はそこからさらに伸びて450ヤード。フォローならまだしも、アゲンストだった昨日なんてセカンドショットはピンまでの残りが200ヤード、3番のユーティリティで打ちましたからね。

最後はグリーン。手前に3つ、奥には2つのバンカーに囲まれた奥行きが一番長いところで18ヤードしかないグリーンには、上から下への強烈な傾斜がかかっています。もともとの設定通り、ピッチングで打てるのなら最高に面白いグリーンになるんでしょうけど、今はその小さなグリーンをユーティリティで狙わなければいけない時だってあるんですから
そしてグリーン上は最大の難関です。右サイドの一段下がった狭いエリアにピンが切られた時に、真ん中の上の段に乗ったり、奥のバンカーに入ったりしたらパーを取る事さえも困難になります。乗せる事さえ難しいグリーンなのに、乗せてもなお難しいとなると、もはや手の打ちようがありません…。

このホールでは僕はもう祈るしかないんです。藤田さんが2回続けて最高のショットをして、2回続けて最高のパッティングをしてくれることを。

ジャック・ニクラスはかつてこのホールのセカンドショットをこう表現したそうです。
「チャンピオンシップ・ゴルフの中で、真っ直ぐなパー4で打つ最も難しい第2打」と。


21:14 | トラックバック::0 | 藤田寛之 |TOP




| TOPページへ戻る| 次のページ > >

ゴルフクラブ買取

ブロとも申請フォーム

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。