ゴルフは道具からファッションから

なかなか上手くならないゴルフなら 見た目上手く見えればいい!ゴルフ道具・最新ゴルフアイテムやゴルフニュース掲載しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック:(*) | スポンサー広告 |TOP


メジャー第2戦は例年以上の難セッティング 宮里藍「針に糸を通すような感覚」

米国女子ツアーのメジャー第2戦「ウェグマンズLPGA選手権」が6月6日(木)から、ニューヨーク州にあるローキャストヒルCCで開催される。日本勢は昨年大会で優勝したフォン・シャンシャン(中国)に2打差の2位タイでフィニッシュした宮里美香の他、宮里藍、上田桃子、有村智恵、上原彩子が出場。同ツアーを主戦場とする5人のやまとなでしこは、開幕前日の5日までに最終調整を終え、4日間の厳しい戦いを見定めた。

■宮里藍
「ラフがすごいですね。例年以上に深いと思っていて、週末は凄いことになるなと思っています。ねちっこい芝なのでとても重たいですし天気が崩れて雨が降るとさらに重たくなる。本当にどれだけフェアウェイに打てるかだと思います。あとはどれだけショートゲームでカバーできるか。絶対にラフには入るので、その時にしっかりパーを取れるルートを選んで、最悪でもボギーで抑えられるようなゴルフは必要。なおかつグリーンも小さいので、本当に針に糸を通すような感覚のゴルフだと思います」

出るからにはもちろん優勝は狙う気持ちは常にありますし、でも常に何が起こるか分からないのがメジャー。シンプルにプレーできればいいなと思っています。(男子では井戸木鴻樹がシニアメジャー制覇)やっぱり女子も5人になって十分に戦える選手たちだと思っています。誰が勝ってもおかしくない状況にはいるんじゃないかと思います」

■有村智恵
「(2年ぶりの出場)2年前に比べて狭くてラフが長い。例年このコースはスコアが出ていたイメージがあって、もう少しグリーンももう少し止まっていました。グリーン周りも本当に空振りするんじゃないかという所もあるんで、グリーンにただ乗せるだけのアプローチもあるんじゃないかなと思います。(成績は上り調子)自分の中ではまだ瀬戸際にいるというか…。とにかく次にいい方向に繋げていきたいと思っているだけ。(メジャーへの意識)とても強いですね。やっぱりメジャーという大会に勝つということが先週の井戸木さんの快挙を見たら、わたしは凄い勇気をもらいました」

■上原彩子
「(コースの印象は)すごい難しい。フェアウェイが結構狭いので、あの幅に打って行かなきゃいけないっていうプレッシャーを感じました。(練習ラウンドでは宮里藍とプレー)コースに何年もでているだけあって、やっぱり分かっているなと感じました。ナビスコもそうでしたけど、フェアウェイキープ出来ないと厳しい。今週は多分、条件的に厳しくなればなるほど我慢勝負にもなってくると思うので、そういった意味でしっかりいい判断をして悔いの無い4日間にします」

■上田桃子
「例年にもまして難しいなと思います。ラフは入れたら出すだけだなと…。ただ自分の中違うなと思うのが、少しでもグリーン周りのラフを楽しめている。結構練習してきていて、うまく思った所に落ちたりしている。ショートゲームなどでいいセーブが出来るかなと思っています。先週(日本ツアー)の予選落ちはもうスッキリしているというか、体調はすごくいい。トレーニングも出来ていますし、何より眠れています」


スポンサーサイト
21:50 | トラックバック::0 | 宮里藍 |TOP


藍は3差7位タイで決勝へ 突風に苦戦も冷静

「キングスミル選手権」の2日目、3アンダー5位タイからスタートした宮里藍は、1ストローク伸ばして通算4アンダーとするも、順位は7位タイに一歩後退。それでも首位と3打差は変わらず、好位置で決勝ラウンドに駒を進めた。

湿り気を帯びた練習用のパッティンググリーンと、コースグリーンの速さのギャップにパッティングのタッチに苦しんだという宮里。出だしの1番、2番では、ショートパットを外しての連続ボギーと苦しい立ち上がりを迎えてしまう。その後、3番、4番とバーディチャンスにつけるも、決められずにパーセーブ。5番(パー3)でも再びボギーを叩いた。「徐々に感覚があってきた」と6番からフィーリングを取り戻しながらも前半は3ボギー、通算イーブンパーに後退して折り返した。

流れを掴んだのは後半10番。「向い風を利用して、7番ウッドのハーフショットのような感じで打った」という182ヤードのセカンドショットを、ピン下1メートルにつけてバーディを奪った。「このバーディは大きかった」と、それまでの悪い流れを断ち切った。12番では2打目をピン下2.5メートル、13番(パー3)ではティショットをピン右下1.5メートル、15番(パー5)では、ピン上1.5メートルにつけバーディを奪取。後半は4バーディの猛チャージで、通算4アンダー、7位タイでホールアウトした。

「ここまで風が吹くとは思っていなかったので、風の状況に自分のフィーリングが追いついていかない感じだった」と、突風も相まって伸び悩んだ2日目。「ずっと吹き続いているならいいけれど、吹いたり止んだりで決断力が鈍りましたね。後半は、ショットもパットも迷っているときは打たないと決めたのも良かった」と、状況を読む冷静な判断で突風を攻略した。「風の影響で飛距離が出にくいし難しい。でもグリーンの状態はスムーズだし、自分のフィーリングさえあえば入ると思うので我慢して一つずつ伸ばしていく」と、首位の背中を追いかける。

■有村智恵 5バーディ、4ボギー「71」、通算2オーバー、51位タイ
「結果のことを考えず、目の前のことに集中することと、ミスをしても責めずに次に次にと考えるようにしました。ゴルフはもっと楽しいものなのに・・・と思ったので、それを感じながらプレーしてましたね。最後の上がりホールで、昨日も今日もボギーを打っているので、それをしっかり反省したい。ただバーディが獲れたのは大きな前進。ミスをしっかり減らしていきたいです。久しぶりの決勝ラウンド。まだまだ上は狙える位置にいると思うし、今日のこの風で、こういうゴルフができたのは収穫。ここ何週間か変なプレッシャーと戦っていたので、明日以降は自分のゴルフをもっと掴んでいきたいです」

■上田桃子 3バーディ、3ボギー「72」、通算3オーバー、63位タイ
「出だしにボギーを打ってしまって、最初の3、4ホールをスムーズに入っていけませんでした。一緒に回っている選手とは、1ショットずつはあまり違わないのに、彼女の方が流れがいいと感じました。自分はその流れを作れていないですし・・・。先週も今週も最初の3、4ホールでつまづいて、頑張って戻しているので、神経も使います。最初の何ホールかはセーフティな方から攻めて行かないといけないなと感じました。ショットもパットも悪くはないけど、体が重く、キレが良くない気がします。あと2日間は思い切ったプレーをしたいと思います」



21:13 | トラックバック::0 | 宮里藍 |TOP




| TOPページへ戻る|

ゴルフクラブ買取

ブロとも申請フォーム

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。