ゴルフは道具からファッションから

なかなか上手くならないゴルフなら 見た目上手く見えればいい!ゴルフ道具・最新ゴルフアイテムやゴルフニュース掲載しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック:(*) | スポンサー広告 |TOP


残り170ヤード、女子プロはこう攻める

ピンまで残り170ヤード。決して届かないわけじゃないけれど、なかなか乗らないのがこの距離だ。しかし、ボクたちよりも体の小さな女子プロたちは、これを軽々と乗せてくる。彼女たちと我々アマとの違いはどこにあるのか? それはクラブの選択だった。

 宮里藍プロは一昨年オフ、「150~200ヤードは重要な距離。これからは5番、6番アイアンの精度を上げたい」と話していた。ところが今季のバッグには、むむむ、5番アイアンがない! 代わりに6番ユーティリティが入っている! 実は宮里プロに限らず、女子プロは170ヤードをやさしく攻めるために、様々な工夫をしている。

 170ヤードをやさしく乗せるために、まず考えてほしいこと。それは、使用するクラブについてだ。北田瑠衣プロは、
「私はバッグのなかにフェアウェイウッドを5本入れています。170ヤードは9番ウッド。フェアウェイウッドはラクですからね。ロングアイアンだと球が低くてグリーンに止めるのが難しいけど、フェアウェイウッドは球が高く上がって止めやすい。私は155ヤード越えたらフェアウェイウッドですよ」

 またラフに強いのもフェアウェイウッドの魅力と北田プロは語る。

「ラフに沈んでいてヒッ力ケそうなときは、少しフェースを聞いてカット軌道で振ると打ちやすいですよ」

 とかく男性はアイアンにこだわりがち。しかし、そのこだわりがパーオン率の低下を招いている可能性は高い。あなたも、170ヤードを狙うクラブを考えなおしてみては?


スポンサーサイト
21:23 | トラックバック::0 | ニュース |TOP



トラックバック URLは http://golfgolgol.blog.fc2.com/tb.php/1417-19ecc9cc

トラックバック:


コメント:


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

ゴルフクラブ買取

ブロとも申請フォーム

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。