ゴルフは道具からファッションから

なかなか上手くならないゴルフなら 見た目上手く見えればいい!ゴルフ道具・最新ゴルフアイテムやゴルフニュース掲載しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック:(*) | スポンサー広告 |TOP


後悔から初勝利へ 貫き通した比嘉真美子の誓い

強風が吹き荒れる中で行われた最終ラウンドも、プロとして初めて経験するプレーオフでも、比嘉真美子の心に刻まれていた1つの誓いに揺るぎは無かった。「絶対に自分を曲げない」。

その意思は18番パー5で行われたプレーオフ2ホール目に集約されていた。「相手が飛ばなくても、グリーン周りが上手くても相手を意識せず、あるがままの自分で戦うこと」。正確なショットで2打目を刻む戦略に徹する、大江香織とテレサ・ルー。上空を舞う強風を恐れることなく残り230ヤードの2打目で果敢に2オンを狙い、グリーサイドのバンカーからバーディへと繋げて決着をつけた。

比嘉の決意の強まりは、プロ転向から2戦目で迎えた昨年の「富士通レディス」に遡る。首位に5打差で最終日を迎え、前半に3つ伸ばしてサンデーバックナインへ。上位が伸び悩んでいたこともあり、思いがけず首位に肉薄していた自分の位置を見て心が揺らいだ。以降は「いつも刻まないホールで刻んでボギーを打ってしまった」と自滅。自身のプレースタイルの変化を悔いた。

そして、同じ状況となった今週。「今回は絶対に(自分を)曲げない意識が強かった」と、最大の武器である飛距離を活かすプレースタイルを最後まで貫いた。加えて、オフの間に集中的に磨きをかけてきたショートゲーム。「飛距離を生かし切れていなかった」という弱点のスキルアップも、勝利を呼び込む大きな一因となった。自分を信じる強い決意と、ウィークポイント克服の結実により生まれた初勝利。昨年の「富士通レディス」で、未熟さを露呈した自分自身を越えた瞬間だった。

19歳と178日での初優勝は、国内女子ツアー史上6番目の年少記録。4日間競技に限れば日本人最年少となる。「一番実力が出る4日間競技で勝ちたい」という、オフ当時からシーズン前半の目標に定めていた今大会。“自信”という新たな成長への糧とともに、その本懐を遂げた。(静岡県袋井市/塚田達也)


スポンサーサイト
21:12 | トラックバック::0 | ニュース |TOP



トラックバック URLは http://golfgolgol.blog.fc2.com/tb.php/1442-b207de38

トラックバック:


コメント:


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

ゴルフクラブ買取

ブロとも申請フォーム

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。