ゴルフは道具からファッションから

なかなか上手くならないゴルフなら 見た目上手く見えればいい!ゴルフ道具・最新ゴルフアイテムやゴルフニュース掲載しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック:(*) | スポンサー広告 |TOP


今季好調、タイガーのパッティング。なぜ入る?

5度目のマスターズ制覇で完全復活、とはいかなかったが、今季すでに3勝と好調のタイガー。

 その要因のひとつが、勝負どころできっちり決める、彼本来のパッティングが戻ってきたことだ。

「長く愛用していた『スコッティキャメロン』から、ナイキの『メソッド001』にパターを替えましたよね。両者の大きな違いはロフト角。『キャメロン』の4度に対して、『メソッド001』は2度と、ロフトが立っているんです」

 ロフトが違うと、ボールの転がり方が変わると話すのは、ツアープロにしてショートゲームに特化したプロコーチでもある石井忍プロ。

「『キャメロン』は、打ち出しで横滑り(スキット)をしてから転がり始めますが、ロフトが立っている『メソッド』はスキットが少なく、ボールが順回転に入るのが早いんです。06年と13年の写真を見ると、打ち方(ストローク)が変わっているのがはっきりわかります。キャメロン時代はグリップエンドを支点に、振り子のようにストロークしていましたが、現在はインパクト以降、フォローで手元を少しスライドさせ、ヘッドを低く動かしています」

 ロフトが立っている『メソッド』は、振り子式よりもスライド式のほうが相性がよく、そのストローク改造が完成に近づいているのではないかと、石井プロは分析する。

「マスターズでパットが不調だったのは、スライドさせる意識が強すぎて、ボールのつかまりが悪くなったのが原因だと思います。タイガーはもともとフェースの開閉を使って、ボールをつかまえるストロークをするタイプでしたから。ただ、そこは次のメジャーの全米オープンに向けて、しっかり修正してくるでしょう」


スポンサーサイト
23:06 | トラックバック::0 | タイガーウッズ |TOP



トラックバック URLは http://golfgolgol.blog.fc2.com/tb.php/1498-02a4274e

トラックバック:


コメント:


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

ゴルフクラブ買取

ブロとも申請フォーム

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。