ゴルフは道具からファッションから

なかなか上手くならないゴルフなら 見た目上手く見えればいい!ゴルフ道具・最新ゴルフアイテムやゴルフニュース掲載しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック:(*) | スポンサー広告 |TOP


ガルシア、同組のウッズに顔をしかめる

2012年の全英オープン第2ラウンド以来の同組となったセルヒオ・ガルシアとタイガー・ウッズ。「ザ・プレーヤーズ選手権」3日目はこの2人が最終組となり、多くのギャラリーを引き連れてティオフした。

共にパーで1番を終えたが、事件は続く2番(パー5)で起きた。ガルシアは3Wでフェアウェイキープ。一方、ウッズはティショットを左にフックさせて林の中に打ち込んでしまう。

第2打を先に打ったのはガルシア。だが、このショットは大きく右へと出て、今度はガルシアの球が林の中へと消えた。直後に左サイドを見やり、苦々しく顔をしかめたガルシア。

「タイガーが左サイドに居ただろう。自分がショットを打つ番だった。彼は(自分が打つために)多くのギャラリーを移動させたので、僕はそれを待っていた。彼は、僕が打つ準備が出来たことを知らなかったんだと思いたい。でも、だいたい雰囲気で分かるものだろう?まさにバックスイングでトップに来たとき、彼は5Wか3Wを(バッグから)抜いたのに違いない。と同時に、それを見たギャラリーが喝采を浴びせた。望ましいことではないよね。運が無かった。もし何も起きなかったとしても、同じ所に打っていたかもしれない。でも、もしナイスショットをしてバーディを奪えていたら、1日の流れは少し違っていただろうね」。

雷雲接近による一時中断中にテレビインタビューに答えたガルシアは、ウッズの行動に苦言を呈する。同ホール、ガルシアはボギーでウッズはバーディと明暗が分かれてしまう。

ラウンド後のウッズの釈明はこうだ。「マーシャルが、彼(ガルシア)はもう打ったと言ったので、クラブを抜いて準備をした。あとで彼のコメントを聞いたけど、何かに文句を言っているとしても驚きはしないね」。

その言葉を聞いたガルシア。「そうかい。少なくとも、僕は自分に嘘はついていない。自分のやっていることは分かっているし、彼も彼のしたいようにするだけさ」。

日没サスペンデッドでコースを去るウッズとガルシアは握手を交わしたが、その感触はどんなものだったろう。「(こういう困難を克服するには)自分ができることは多くないけど、できるだけ周囲にいるすべての人を尊敬しようとすることだろうね」。ガルシアの奥歯にものの挟まったような言い方が、気がかりだ。(米国フロリダ州/今岡涼太)


スポンサーサイト
21:26 | トラックバック::0 | ニュース |TOP



トラックバック URLは http://golfgolgol.blog.fc2.com/tb.php/1527-026ab1b3

トラックバック:


コメント:


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

ゴルフクラブ買取

ブロとも申請フォーム

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。