ゴルフは道具からファッションから

なかなか上手くならないゴルフなら 見た目上手く見えればいい!ゴルフ道具・最新ゴルフアイテムやゴルフニュース掲載しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック:(*) | スポンサー広告 |TOP


大会連覇絶望のタイガー・ウッズ、「ひどい一日だった」

ミュアフィールドビレッジの1番ティの脇にあるインタビューエリアでは、少なくとも8台のテレビカメラとそのクルーたちが待ち構えていた。それ以外にも15人もの記者が、メモ帳とテープレコーダーを準備して待っていた。

タイガー・ウッズは普段、ラウンドの出来不出来に関わらずインタビューに対応する選手として知られる。しかし、「ザ・メモリアルトーナメント」の3日目でスコア「79」を記録した後は、わざと大股になり、その群集の前をノーコメントで通過した。

この大会は昨年を含め通算5勝を挙げているタイガーは、その後短くだがPGAツアーのメディア関係者のインタビューに応じた。

「ひどい1日だった。最初から最後まで大変だった」とウッズは語った。

前半は特に受け入れがたいゴルフとなった。この日インスタートのタイガーは、スコア「44」という米国ツアーでの9ホール自身最多ストロークを記録してしまう。1ボギー、2ダブルボギー、そして18番ホールでのトリプルボギーは、中でも酷い出来だった。

後半、タイガーはすさまじい勢いでプライドを取り戻したかのように、1番、2番と連続バーディ。さらにはパー5の5番でもバーディをマークした。しかし、上がり4ホールで2ボギーを叩くと、キャリアワースト2となる「79」を記録して、ラウンドを終えた。
「スタートはそれほど悪いショットをばかりではなかった・・・」とタイガー。「今日はひどい1日だった。バック9でやり返そうと頑張ったけれど、まったく結果につながらなかった」と振り返る。

強風が吹き荒れた3日目、タイガーは運にも見放されていた。12番ホールでは、バンカー後方の急斜面にボールが着地すると、横風がフリンジに吹きつけた。結局、タイガーは59フィートに3パットかかり、このホールをダブルボギーとしてしまった。

2日連続のダブルボギーとなった15番ホール(パー5)では、木の後ろからセカンドショットをグリーンの右側へと落とした。木々を越えるチップショットを余儀なくされたタイガーは、グリーンオーバーし、43フィートから3パットを要した。

だが面白いことに、タイガーはフロントナインの7ホールのうち、パー4の18番ホールを含む6ホールでフェアウェイをキープしている。とはいえ、18番のセカンドショットはバックスピンでグリーンを外し、見た目が華やかなだけでライも悪く、続くチップショットも似たり寄ったりだった。ようやく無事にグリーンに乗せたタイガーだったが、4フィートに3パットもかかってしまった。

タイガーの3日目がどれほど異常なラウンドだったか。考えてもみてほしい。タイガーはここに至る前までは、この同じ場所で51ラウンドを回り、平均スコアは「69.63」。しかも、今日の「79」というスコアは、このジャック・ニクラスデザインのコースの歴代最多ストロークを4つも上回る記録となったのだ。

「こうしたことは起こるものだ。実際のところ苦労したのは自分だけではない。コンディションも最悪だったし、致命的なミスも犯した。酷い風にも捕まったし、いくつかダメなスイングもあったし、全てが悪い方向に行ってしまった」とタイガーは語った。


スポンサーサイト
22:30 | トラックバック::0 | タイガーウッズ |TOP



トラックバック URLは http://golfgolgol.blog.fc2.com/tb.php/1564-ab09d01f

トラックバック:


コメント:


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

ゴルフクラブ買取

ブロとも申請フォーム

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。