ゴルフは道具からファッションから

なかなか上手くならないゴルフなら 見た目上手く見えればいい!ゴルフ道具・最新ゴルフアイテムやゴルフニュース掲載しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック:(*) | スポンサー広告 |TOP


「よく耐えられたラウンド」 石川遼は59位タイで最終日へ

午前7時30分から再開した第2ラウンド未消化分を終えて、通算3オーバーの68位タイで辛くも予選通過を決めた石川遼。臨んだ決勝ラウンド1日目は、3バーディ、2ボギー、1トリプルボギーの「74」とスコアを落としながらも、通算3オーバーの59位タイと僅かに順位を上げた。

インコースからスタートした石川は、14番でセカンドショットをピンそば50センチに付けるスーパーショットで1つ目のバーディを奪うが、続く15番(パー5)では約70センチのパーパットを外してボギー。さらに16番(パー3)のティショットは、「ほんのちょっとの風のタイミング」と上空に巻く風の影響でクリークに吸い込まれ、4オン2パットのトリプルボギーで後退した。

この日は変化する風の強弱、風向きが大きく影響し、「コンディションは今日が一番難しい日だった」と、石川自身、思い通りのプレーを阻まれるも、後半は2番、4番で約7メートルのバーディパットを沈めて粘りを見せた。「トリも打った、ダボも打った、でもその中でよく耐えられたラウンドだった」と自己評価。

ショットに関しても「しっくりきてない状況でもここまで来られた。3日目を終えて、『バイロンネルソン選手権』の時の、最終日のスイングの感覚やボールの飛び出し方というか、インパクトのときのフェースにくっついている感じが徐々に戻りつつある」と、日々の収穫に手応えも感じている。

この日のラウンドでは「常にバーディパットを打てるゴルフができていれば、このコースはあまり苦にならない」と、グリーンを如何に捕らえるかでコースの難易度が大きく変わることを改めて認識。「ショットをもっともっとコントロールして、4バーディを目標にしてやっていきたい」。明日の最終日、その掴んだ手応えの真価を証明するラウンドとなる。


スポンサーサイト
23:05 | トラックバック::0 | 石川遼 |TOP



トラックバック URLは http://golfgolgol.blog.fc2.com/tb.php/1565-838c7a4c

トラックバック:


コメント:


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

ゴルフクラブ買取

ブロとも申請フォーム

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。