ゴルフは道具からファッションから

なかなか上手くならないゴルフなら 見た目上手く見えればいい!ゴルフ道具・最新ゴルフアイテムやゴルフニュース掲載しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック:(*) | スポンサー広告 |TOP


松山英樹 大会ベストスコアに並ぶ「67」で10位「自信になる」

ペンシルベニア州メリオンGCで開催された海外メジャーの今季第2戦「全米オープン」最終日。松山英樹は6バーディ、3ボギーで回り、今大会のベストスコアに並ぶ「67」(パー70)をマークした。通算7オーバーで終え10位タイに食い込み、来年度大会の出場権を獲得。全米オープン初出場の日本人選手としては、1987年大会で17位となった尾崎将司を抜いて、最高成績となった。

10オーバーの39位タイで迎えた日曜日は、望んでいた優勝争いからは遠い位置。しかし、松山の闘争心は冷めなかった。「昨日終わった後の練習の時から、すごく良かった。いい感じで振れていたので、今日は行けるんじゃないかと感じていた」。出だしの1番をボギーとするが、すぐに次の2番(パー5)でバーディを奪い返す。7番までに3バーディ、2ボギー。難関コースを果敢に攻め込み、自ら出入りの激しい展開を作った。

すると後半、303ヤードと短い10番で、第2打をピンそば1メートル以内につけてバーディ11番は「自分でもびっくりした」と12メートルを沈める。さらに12番では右から4メートル。中盤の3連続バーディで順位をぐんぐんと上げた。

17番(パー3)で3メートルのチャンスを逃し、悔しがった。しかし初日のフィル・ミケルソン、2日目のビリー・ホーシェル、3日目のリッキー・ファウラー、この日のジェイソン・ダフナーに並ぶ1ラウンド「67」は今大会のベストスコア。

「18番のボードを見て『そういえば66って出てないよな』と思って。最後はバーディを狙いにいったけれど、全然(ラインが)違いましたね」と苦笑いしたが、「世界のトッププロが3アンダーしか出ない。その中で自分が今日、3アンダーで回れたのはすごく自信になる。難しいけど、こういうプレーを続けたら…続けたられら、勝てるんじゃないかと思う」。

アマチュア時代の昨年4月、「マスターズ」では最終日に「80」の大叩き。悔し涙で目を晴らした。今大会はそれ以来、プロ転向後初のメジャーだった。「予選を通過して、最終日にこういう良いプレーができたのは収穫。マスターズの時に崩れたので、ちょっとは克服できたと思います」。

次週は休む間もなく「日本ゴルフツアー選手権」に出場。そして来月には再びメジャーの「全英オープン」に初挑戦する。

最終日、同組でプレーしたスコット・ラングレーは「全米オープンで67を出したんだ。もちろんPGAツアーでプレーできる」と称賛した。だが松山は、将来の夢である米ツアー優勝、メジャー制覇への手応えついて「全然近づいてないです。まだスタートラインくらい」と言った。だがそうであれば、そこに立てたことが、何物にも代えがたい収穫だ。(ペンシルベニア州アードモア/桂川洋一)


スポンサーサイト
21:30 | トラックバック::0 | 松山英樹 |TOP



トラックバック URLは http://golfgolgol.blog.fc2.com/tb.php/1584-70522077

トラックバック:


コメント:


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

ゴルフクラブ買取

ブロとも申請フォーム

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。