ゴルフは道具からファッションから

なかなか上手くならないゴルフなら 見た目上手く見えればいい!ゴルフ道具・最新ゴルフアイテムやゴルフニュース掲載しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック:(*) | スポンサー広告 |TOP


予選落ちの石川遼、課題は「ショートアイアンとパッティング」

米国男子ツアー「グリーンブライアークラシック」2日目を3オーバーの126位タイからスタートした石川遼は、3バーディ、ノーボギーと3つ伸ばしてジワジワと順位を上げていったが、通算イーブンパーは予選カットラインに僅か1ストローク及ばずの82位タイ。惜しくも決勝ラウンド進出は叶わず、2試合連続の予選落ちに終わった。

初日からショットへの好感触を得ているものの、グリーン上で苦しむ場面が多く目立った今週。石川はパットだけの問題ではなく「ショートアイアンとパッティング」と総括し、現状の明確な課題を口にした。

「ショートアイアンが自分の中で良い感じで打てず、5、6メートル残るパットが多い。そのぐらいのパットはまだ狙い切れていないところがあるので。バーディが少ないのは、(ショート)アイアンとパッティングの両方にあると思う」。ショートアイアンの精度をより高め、射程圏からバーディの確率を高めていかないと、世界最高峰の舞台では生き残れない。「ショートアイアンで5メートルずれると、こっち(米国)ではなかなかやれないなあ、というのはある」と、石川は続けた。

対して、ドライバーからミドルアイアンまでは上々の手応え。「ドライバーに関しては良い感じで打てているので、何とかゴルフになっている」。象徴的だったのは、11番493ヤードの長いパー4。ティショットをフェアウェイ右サイドに運ぶと、4番アイアンから放たれた2打目は199ヤード先のピンに絡み、あわやイーグルというスーパーショット。「ピンに真っ直ぐ出して、若干フェード。思った通りに打てました」と会心の1打に及第点をつけつつも、「ドライバーとか4番アイアンでできて、なんでショートアイアンで(できない)っていう感じ。そこは段階を踏んでいきたい」と、思考はすぐに今の課題点へと戻されていた。


スポンサーサイト
20:32 | トラックバック::0 | 石川遼 |TOP



トラックバック URLは http://golfgolgol.blog.fc2.com/tb.php/1599-25d0f19a

トラックバック:


コメント:


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

ゴルフクラブ買取

ブロとも申請フォーム

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。