ゴルフは道具からファッションから

なかなか上手くならないゴルフなら 見た目上手く見えればいい!ゴルフ道具・最新ゴルフアイテムやゴルフニュース掲載しております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック:(*) | スポンサー広告 |TOP


オープンなのか、クローズなのか?

THE OPEN」。大会名に固有名詞が付かないことが、歴史と権威を物語る。1860年に第1回大会が開催された世界最古のオープン競技は、今では最も世界に開かれた大会にもなっている。

予選会を例にとると、今年のミュアフィールドへと至る道はアフリカ(南アフリカ)、アメリカ(テキサス州)、アジア(タイ)、オーストラレイジア(オーストラリア)、ヨーロッパ(イングランド)という5つの地域で国際最終予選が開催され、松山英樹を含む総勢27名がその権利を掴んだ。その他にも、イギリス国内の14会場で地区予選が行われ、さらにはミュアフィールド近郊の4つのリンクスコースでも最終予選会が実施された。

今大会の出場者は27カ国(地域含む)から156名で、内訳は以下の通りだ。

米国(50)、イングランド(17)、オーストラリア(12)、南アフリカ(10)、スコットランド(10)、スウェーデン(9)、日本(8)、スペイン(6)、韓国(4)、北アイルランド(4)タイ(3)、ウェールズ(3)、アルゼンチン(2)、デンマーク(2)、ドイツ(2)、イタリア(2)、アイルランド(2)、オーストリア(1)、ベルギー(1)、カナダ(1)、中国(1)、コロンビア(1)、フィジー(1)、フィンランド(1)、フランス(1)、インド(1)、ニュージーランド(1)

地元記者からは「この大会はイギリスでやっているのに、イングランド人は17人しか出ていない。その一方でアメリカ人は50人いる。少し国際化し過ぎていないか?」「サニーデールの国際予選(ヨーロッパ)ではアメリカ人が勝った。これは正しいことだと思うか?」と、R&Aに対して辛辣な質問が飛ぶ。だが、R&Aは揺るがない。全英オープンが世界へと門戸を広げていることを誇り、ヨーロッパでの国際予選は欧州ツアープレーヤーの利便性を考えてのもので、優勝したアメリカ人は欧州ツアーをプレーしており、すこぶる公平だ、とさらりと受け流した。

その一方で、ここミュアフィールドが男性のみのゴルフクラブであることも、メディアの話題の一つとなっている。それに、毎年のことだが、我々メディアに対しても、ロープ内に入れる媒体や、さらに日曜日の18番グリーン周辺に入れる媒体など、細かくレベルを分けて管理しており、その厳格さには辟易させられることもある。

先日、遅い晩御飯を食べに、エジンバラにある宿舎近くの中華料理店へと足を運んだ。店のマネージャーは中国系ベトナム人の47歳の男。こちらが一人で食べていると、他に客が居なかったこともあり、ワインボトルを持って同じテーブルへとやってきた。酒を飲んで話し込むうちに、エジンバラに30年住んでいるというこの男は、ぽつりと漏らした。「イギリスのパスポートを持っていても、いつまでたってもイギリス人にはなれない。アメリカでは、パスポートがあればアメリカ人だと胸を張れるのに・・・」。店を出ると、エジンバラの暗い夜道に冷たい風が吹いていた。(英国ミュアフィールド/今岡涼太)


スポンサーサイト
21:26 | トラックバック::0 | ニュース |TOP



トラックバック URLは http://golfgolgol.blog.fc2.com/tb.php/1614-07d89922

トラックバック:


コメント:


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

ゴルフクラブ買取

ブロとも申請フォーム

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。